ゲームレポート(第2節電気通信大戦)

更新日: 2014年10月13日  編集者: 管理者
1Q
新潟レシーブで試合開始。
自陣30yからの攻撃は、「立ち上がり」を意識して
臨んだにも関わらず、空回って淡白に3&アウト。
続く守備は全く隙を見せず、FDの気配すら感じさせないが、
相手好パントに押し込まれて、自陣深くからとハーフウェイ
付近からのパントの蹴り合いが続く。
我慢比べの3往復目、相手攻撃でファンブル誘発し、
DE有江がリカバー、50y付近からの攻撃権を獲得するも、
パスに精度を欠き、攻撃が守備の頑張りに応えられない。
両チームとも一度もFDを獲得できない停滞した1Qとなる。
(0-0)

2Q
結局パントに終わった新潟、返しの電通攻撃もシャット
アウトすると、電通パントが乱れ、敵陣28yという好位置で
攻撃権を供給。TB佐藤(賢)、FB林のランをコールし、
最後はギャンブルを試みるも失敗。
敵陣深くからの相手攻撃は、CB星野の素早いタックルなどで
全くドライブを許さずあっさりパントに追い込むと、新潟
自陣30yからの攻撃、WR罇へのパスでこの試合初めての
FDを獲得すると、その後も2本立て続けに罇へパスを通し
あっという間に先制TD。結果的に罇3連発の罇シリーズと
なった。(TFP成功 7-0) 
その後も守備はゲインを許さないが、攻撃が波に乗り切れず。
パントスナップが乱れて、自陣30yからの相手攻撃という
ピンチは、SF森山のインターセプトで事なきを得る。
前半残り時間わずかの最終プレイ、QB松本が投じたパスは
相手守備にインターセプト、あわやリターンTDという
ギリギリのところで、OL/DL両面出場の小島が間一髪
タックルして前半終了。 (7-0)

3Q
電通リターンで後半開始、3&アウトの後のパントも短く
新潟敵陣43からの攻撃は、WR罇へのパス、FB林のラン
などで攻め込みながらもパント。
攻撃が乗り切れない中、この日の主役は守備陣で、電通自陣
20yからの攻撃で、DE傳刀のQBサック&ファンブルフォース、
敵陣12yという絶好のポジションでLB古澤がリカバー。
WR岩内へのパスでゴール前5yに迫ると、最後もWR罇への
この日2本目のTDパスが決まり、追加点。(TFP成功14-0)
モメンタムを握ったかに見えたが、これまで好調の守備が
人が変わったように電通パスにドライブを許し、反則も挟んで
最後は警戒していたアンバランス体型から被TD。
(TFP成功14-7)

4Q
スコアとともに試合に動きが出るかに見えたが、その後は
お互いFDもままならず、パントが続く。
新潟攻撃は、ギャンブルを成功させる等、あと一歩までは
攻め込むが、得点に至らない。1ポゼッション差の緊張感
ある展開ながら、失点シリーズ以外の守備は安定。
キャッチアップを狙っての電通攻撃でも、CB星野のあわや
インターセプトというパスカット、DL小島のQBサックで
ギャンブルに追い込むと、DE傳刀のQBサックなどで敵陣
5yからの攻撃をお膳立て。FB林の2連発で難なくTD。
(TFP成功 21-7)
残り時間も少ない中、いくつかのパスを通されるものの、
要所を締めてそのままタイムアップ。 (21-7)

更新日:2014-10-12 22:57 
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2017年 :arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total244111 7days1365 Yesterday203 Today048 1count/day on each IP Since 2013-03-11