ホーム コーチズアイ



Prev12Next

ゲームレポート(第2節電気通信大戦)

更新日: 平成26年10月13日(月曜日)  編集者: 管理者
1Q
新潟レシーブで試合開始。
自陣30yからの攻撃は、「立ち上がり」を意識して
臨んだにも関わらず、空回って淡白に3&アウト。
続く守備は全く隙を見せず、FDの気配すら感じさせないが、
相手好パントに押し込まれて、自陣深くからとハーフウェイ
付近からのパントの蹴り合いが続く。
我慢比べの3往復目、相手攻撃でファンブル誘発し、
DE有江がリカバー、50y付近からの攻撃権を獲得するも、
パスに精度を欠き、攻撃が守備の頑張りに応えられない。
両チームとも一度もFDを獲得できない停滞した1Qとなる。
(0-0)

2Q
結局パントに終わった新潟、返しの電通攻撃もシャット
アウトすると、電通パントが乱れ、敵陣28yという好位置で
攻撃権を供給。TB佐藤(賢)、FB林のランをコールし、
最後はギャンブルを試みるも失敗。
敵陣深くからの相手攻撃は、CB星野の素早いタックルなどで
全くドライブを許さずあっさりパントに追い込むと、新潟
自陣30yからの攻撃、WR罇へのパスでこの試合初めての
FDを獲得すると、その後も2本立て続けに罇へパスを通し
あっという間に先制TD。結果的に罇3連発の罇シリーズと
なった。(TFP成功 7-0) 
その後も守備はゲインを許さないが、攻撃が波に乗り切れず。
パントスナップが乱れて、自陣30yからの相手攻撃という
ピンチは、SF森山のインターセプトで事なきを得る。
前半残り時間わずかの最終プレイ、QB松本が投じたパスは
相手守備にインターセプト、あわやリターンTDという
ギリギリのところで、OL/DL両面出場の小島が間一髪
タックルして前半終了。 (7-0)

3Q
電通リターンで後半開始、3&アウトの後のパントも短く
新潟敵陣43からの攻撃は、WR罇へのパス、FB林のラン
などで攻め込みながらもパント。
攻撃が乗り切れない中、この日の主役は守備陣で、電通自陣
20yからの攻撃で、DE傳刀のQBサック&ファンブルフォース、
敵陣12yという絶好のポジションでLB古澤がリカバー。
WR岩内へのパスでゴール前5yに迫ると、最後もWR罇への
この日2本目のTDパスが決まり、追加点。(TFP成功14-0)
モメンタムを握ったかに見えたが、これまで好調の守備が
人が変わったように電通パスにドライブを許し、反則も挟んで
最後は警戒していたアンバランス体型から被TD。
(TFP成功14-7)

4Q
スコアとともに試合に動きが出るかに見えたが、その後は
お互いFDもままならず、パントが続く。
新潟攻撃は、ギャンブルを成功させる等、あと一歩までは
攻め込むが、得点に至らない。1ポゼッション差の緊張感
ある展開ながら、失点シリーズ以外の守備は安定。
キャッチアップを狙っての電通攻撃でも、CB星野のあわや
インターセプトというパスカット、DL小島のQBサックで
ギャンブルに追い込むと、DE傳刀のQBサックなどで敵陣
5yからの攻撃をお膳立て。FB林の2連発で難なくTD。
(TFP成功 21-7)
残り時間も少ない中、いくつかのパスを通されるものの、
要所を締めてそのままタイムアップ。 (21-7)

復路車内でコーチが選ぶ攻守MVP(電気通信大戦)

更新日: 平成26年10月12日(日曜日)  編集者: 管理者
「勝ったことだけが収穫」という典型のような試合でした。
(大きな怪我人が出ていないこともシーズン中盤にかけて
ポジティブな成果ですが。)

初戦の反省から、とにかく立ち上がりに勝負を!と考えて
いましたが、スロースターターは克服出来ず。

このままでは次はないと危機感を募らせています。

さて、攻守MVPです。

オフェンス
該当者なし
2TDレシーブのWR罇(もたい)が唯一の候補でしたが
攻撃全体の低調を受けて、車内では「今日はなしです」との声が
勝ちました。罇は割を食ってしまいましたね。
オフェンスユニット全体が「我慢する」事の意味をはき違えています。
発奮を期待します。

ディフェンス
DLユニット
傳刀(3年)小島(3年)小柴(2年)有江(1年)
ディフェンスは試合を通してよくファイトしました。
TDをとられたシリーズだけが別のチームのようでしたが
取られたFDはわずかに4。
好位置でボールを供給し続けましたが、なかでもフロントの
4名はよく頑張った、ということで連名受賞。


三原




ゲームレポート(第1節芝浦工大戦)

更新日: 平成26年10月10日(金曜日)  編集者: 管理者
1Q
コイントスに勝ち、前半・リターンの選択で今季のタイガースが開幕。
WR松沢が無難なリターンで、自陣32yから攻撃開始。
緊張からかQB松本のパスの精度が悪く、3&アウトでパントに終わる。
敵陣17yからディフェンスは、最初のプレイでサイドライン外での
QBへのヒットでパーソナルファールを犯し、15y罰退。嫌なムードが漂う。
直後の相手攻撃のシンプルなインサイドのランにタックルミスを連発し、
なんと70Y近く走られて被TD、先制を許す。(TFP成功0-7)
早く追いつきたいタイガースの攻撃は、自陣30yからSB後藤へのパス、
TB佐藤(賢)のオープンランやFB林のダイブなどで攻め込むも、最後は
FG失敗で終えてしまう。
嫌な流れを断ち切ったのは、続く守備。
DE傳刀のQBサック、ルーキーDE有江のロスタックルなどで早々にパントに
追い込むと、50yの好位置を攻撃に供給、OLが優勢に立ち、ペースをつかみ
始めた佐藤(賢)、林のランで攻め込む。

2Q
敵陣24yから後藤へのパスで残り1yまで一気に運び、最後は林が
ねじ込みTD。(TFPは失敗 6-7)
守備からの好循環をそのまま継続したいタイガース、ナイスカバーに見えた
DBがインターフェアの判定でFDを取られるも、その後はパスや相手の
キープレイのQBランに対し、LB古澤、CB星野などが素早い寄せで
効果的なゲインを許さず。相手パントを傳刀がブロック、有江がリカバーと
両DEによるビッグプレイ。
敵陣27yからの攻撃は、佐藤(賢)と林のラン、WR甕(もたい)への
パスで効率よく進み、最後も佐藤(賢)のオープンランでTD。
(TFP ラン成功14-7)

3Q
後半開始早々のシリーズで、守備にビックプレイ。DE有江のファンブル
リターンでG前13yという好位置を獲得すると、佐藤(賢)と林のランで
難なくTD。(TFPも成功し21-7)
続く守備では、ロングパスで一気に自陣に攻め込まれ、またもやタックル
ミス連発でTDを許す。取った直後に取られる宜しくない展開。
(TFP失敗 21-13)
しかしながら、タイガース攻撃にもリズムが出始め、甕へのパス、佐藤(賢)
と林のランが継続的にゲインし、最後は甕のパスでTD。先発3年目、今年が
集大成となるエースQB松本も面目躍如。(TFP成功 28-13)
キックオフカバー直後の守備でファンブルリカバー、またもや敵陣27yから
という絶好のポジションで攻撃権を獲得すると、佐藤(賢)のオープンラン
2連発であっさりTD。(TFPは反則で下げられ失敗、34-13)

4Q
このまま主導権を握ったまま試合を支配したいところだが、ムラッ気の
ある守備?がプレーアクションパスやQBランにずるずる後退し、
TDを許してしまう。(TFP成功 34-20)
乱打戦の様相を呈し、荒れ模様の試合展開、新潟攻撃は、後藤へのパス、
佐藤(賢)のランなどで攻め込むも、要所のパスが決まらず、最後はFG
失敗で終えてしまう。
残り時間も少なくなり、キャッチアップ攻撃でパスが多くなる相手攻撃には
セカンダリーの集まりもよく、パントに仕留める。
しっかり時間消費してドライブしたいところも、淡白な攻撃で、再度相手に
攻撃権を与えてしまう。
相手自陣15yからの最後の攻撃は、DL小柴のQBサックでようやく一安心。
最後はCB和田がインターセプトに仕留めて試合を決める。
最後の攻撃シリーズでは、1年生WR樋口が簡単ではないパスに飛びつき、
記念すべき初パスキャッチを決めるおまけつき。 (最終スコア34-20)

Prev12Next
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2017年 :arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total244134 7days1388 Yesterday203 Today071 1count/day on each IP Since 2013-03-11