ホーム コーチズアイ



Prev123456Next

今季初勝利

更新日: 平成24年11月06日(火曜日)  編集者: 管理者
待望の、しかしながら遅すぎる今季初勝利をあげました。

スコア上も大勝、試合の流れの中でも負ける要素は一つも
なかったと思いますが、相手のゲームプランに因るところも
大きく、自分たちがやりたいフットボールが完遂できたか
というと、まだまだです。

相手は我々と同じく全敗で試合を迎えた高千穂でしたので
下の入替戦回避に向けて死にもの狂いかと思いきや、むしろ
下の入替戦に向けて徹底的にプレイを抑えてきた印象です。
攻撃はほとんどがダイブのみで、うちのDEFはダウン更新を
全く許さなかったんじゃないでしょうか?
我々の反則で相手のダウン更新となったプレイでもディクライン
(反則の適用を辞退)するなど、「??」と狐につままれた
ような場面もありました。

まあ相手のことはさておき、やるべきことが出来たプレイは
これまでよりは見られましたし、多少なりとも自信を取り戻した
選手も多いのではないでしょうか。

監督は試合前のハドルで、「結果全敗でも構わない。ヒット、ブロック、
タックル。今出来ていないこれらをしっかりやってこい」と
選手を送り出しました。

出来た選手も出来なかった選手もいますが、「原点回帰」の
方向に軌道修正出来始めていることは、今後のチームにとって
マイナスではないと感じています。

1年生も多く出場機会を得ました。
ただ出て経験を積んだだけでなく、しっかり結果を残した選手が
数名いたのは、今節の最大の成果と言っても過言ではありません。

次が勝負です。

我々が勝てなかった農工大に、しかも優勝戦線真っ只中で
モチベーションは高まっていたはずの農工大に引き分けた
亜細亜との今季最後の戦いです。

思い起こせば昨年。
コーチを1年間お休みしていた私は、一OBとして、スタンドから
亜細亜戦を観戦しました。
今年同様、苦戦の昨季でしたが、「このチームがそんなに
負けるんかな」と思うほど、選手たちは躍動していました。

今年の最後の試合も、見に来て下さる方に同じように思って
いただけるよう、最後まで自分たちのフットボールを諦めずに
取り組みます。

奇しくも会場はアミノバイタルフィールドです。
皆様の温かい、熱い応援をお待ちしております。

VS 亜細亜大学
11月18日(日)  キックオフ11:00
会場  アミノバイタルフィールド

三原

開幕3連敗

更新日: 平成24年10月25日(木曜日)  編集者: 管理者
開幕3連敗と、チーム始動時には夢にも思っていなかった
まさに悪夢のような現実が結果として出てしまいました。

現役同様、監督コーチ陣も落胆の色は隠せません。

思うようにならないこと、上手くいかないことも多々ありますし、
自信を喪失してしまっている部分もかなりあるなあと感じています。

相手がいて、勝ち負けがある、当たり前ですがこれが勝負です。

「勝つ」「勝つ」と口では言い続けてきて、結果が全く伴いませんが
これまでの自分たちの取り組み全てを否定する必要はない(はず)。

取り組み内容というよりは、取り組み姿勢が少しずつ甘く、また
ここにきて、やってきたことが多少ブレてるとも認識しています。

昨冬から掲げ続けた優勝、昇格という目標も、筑波に勝つという
目標も、もはや叶いませんが、簡単に来年の事を考えたくありません。

今シーズンはまだ2戦残っていて、具体的な目標が潰えたからこそ
追い求められる理想があると自分に言い聞かせて戦います。

今週、メール等で4年生には結構厳しいことを言いましたが、
本質として「最後まで諦めずに戦う事(戦う姿を見せること)が
チームに残された僅かな可能性で、具体的な目標がなくなった
からこそ追い求められる理想を追求・要求してほしい。」的なことを
伝えました。

結局負け犬が口走る綺麗事ですが、ほんまに諦めんと、投げ出さんと
最後までやり切って欲しいと切に願います。

あと2試合、フットボールに諦めずに戦うであろう4年生を応援して
やってください。

まずは次節高千穂戦。応援お待ちしております。

11月4日(日) キックオフ 11時 @国際基督教大学グラウンド

三原

初戦敗戦

更新日: 平成24年09月27日(木曜日)  編集者: 管理者
絶対に負けてはいけない戦いに敗れました。

初戦の難しさも、相手の強さも理解していたつもりですが、
極めて甘かったです。「つもり」でした。

スコアが示すように、試合序盤は思った以上に
上手くいっていたと思います。

前半の終盤から少しずつリズムが崩れているのを感じ、
何とか立て直さなければと焦っているうちにアクシデント発生、
ズルズルと傾いたモメンタムを取り戻せませんでした。

新潟で出来ている事が思うように出来なくなるのが「試合」で、
そもそも新潟で出来てないことが出来るはずもありません。

負けるべくして負けたことに気付いたのは、試合後、対岸の
サイドラインにいる相手の弾けるような喜び様を見た時でした。

すべき準備を怠った。
気持ちが入っていなかった。
純粋に我々がICUより弱かった。

久々に試合前セレモニーのこちら側に、青々とした坊主頭が並び、
無骨な新潟らしさが戻ってきたのかな、なんて思いながら見ていた
私自身も浮ついていたことを猛省しています。

頭刈っただけで勝てるなら苦労しません。

気合が入ったつもりになっていることはむしろ一番危険だということを
もっと声高に指摘すべきでした。


高過ぎる授業料を払いましたが、微かに残った可能性を信じ、
上を向いてやっていくしかありません。

遠方からわざわざ応援に駆け付けて下さった皆様や、遠い空の下から
声援を送っていただいている皆様をがっかりさせてしまいましたが、
生まれ変わって取り組んでいきます。

引き続き暖かいご声援をお送りくださいます様、お願い致します。

三原

Prev123456Next
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total233884 7days1447 Yesterday272 Today116 1count/day on each IP Since 2013-03-11