2010年10月の一覧表示

Prev1Next

亜細亜大学戦レポート

更新日: 平成22年10月06日(水曜日)  編集者: 管理者
1Q
コイントスに勝った新潟のリターンで試合開始。
WR吉川の好リターンで50ヤード付近からの新潟攻撃は、TB工藤の
ランプレーと吉川へのパスで敵陣30ヤードまで攻め込むと、副将FB
治田が一気に駆け抜け、わずか5プレイで先制TDをあげる。(7-0)
続く亜細亜自陣40ヤードからの攻撃には、ラン・パスバランスよく
攻められ、4つのFDを重ねられた挙句に、最後はダイブでTDをお返し
されてしまう。TFPは外れ、わずかに新潟リード。(7-6)
お互いの攻撃優位かと思いきや直後の新潟攻撃はあっさり3&アウト。
しかし4ダウンのパントをQB兼任のP青木が敵陣1ヤードでピタリと止める
ビッグプレイ。敵陣深くからの亜細亜攻撃で、LB白井がファンブル
フォース、DE松葉が押さえて、絶好の位置で攻撃にバトンを渡す。
敵陣6ヤードからの新潟攻撃は、TB工藤がブラストでゴールライン間近
まで運ぶと、QB青木のスニークで難なくTD。(14-6)


2Q
1Q最後の得点以降、3度パントの蹴りあいが続いた後の自陣5ヤード
からの新潟攻撃は、積極的にパスを投じるも2度失敗、3ダウン10からの
3度目の正直とばかりに投じられたパスはWR吉川の胸元にすっぽり収まる。
スピードに乗った吉川はそのままエンドゾーンまで走りきり、なんと95ヤード
のTDパスレシーブ。(21-6)
続く亜細亜のキックオフで自陣までのビッグリターンを許すと、3プレイ目に
パワーで約40ヤードを独走されて被TD、突き放す事が出来ない。(21-13)
続く新潟攻撃は、自陣15ヤードからTB工藤のランと吉川への短いパスを
基調に12プレイでコツコツ前進し、6度のFDを重ねて敵陣深くまで攻め込むと
最後はDB兼任のK黒澤が落ち着いてFGを沈めて3点追加。(24-13)


3Q
後半は亜細亜の攻撃で試合再開、大きなゲインが反則で無効になるなど
運にも味方される。
続く新潟攻撃は、自陣40ヤード付近から、FB治田、工藤と交代で入った
ルーキーTB小川がFDを重ね、最後はQB青木が14プレイのTDドライブを
締め括る。(31-13)
3ポゼッション差がつき油断がうまれたか亜細亜パス攻撃に前進を許し
自陣15ヤードまで攻め込まれる。


4Q
亜細亜3、4ダウンのパス攻撃を失敗に追いやっての新潟攻撃はFB森林、
TB小川がボールを運ぶもパントで終わる。続く亜細亜の反撃のパス一投目を
SF黒澤がインターセプト。ディフェンスが掴んだ50ヤードからの好機は、
再投入のTB工藤とFB森林のランで着実に前進はするものの、最後の詰めが
甘く、FGトライをK黒澤が外してしまう。
その後1シリーズずつ攻守を入れ換えてタイムアップ、試合終了となった。
(31-13)

第一節 亜細亜大学戦

更新日: 平成22年10月12日(火曜日)  編集者: 管理者
9月26日(日)に行われました、亜細亜大学戦の結果を報告いたします。
1Q 2Q 3Q 4Q 計
新潟 14 10 7 0 31
亜細亜 6 7 0 0 13


第二節 首都大学東京戦

更新日: 平成22年10月12日(火曜日)  編集者: 管理者
10月7日(土)に行われました、首都大学東京戦の結果を報告いたします。
1Q 2Q 3Q 4Q 計
新潟 0 14 7 14 35
首都 0 7 7 6 20

首都大学戦レポート

更新日: 平成22年10月13日(水曜日)  編集者: 管理者
1Q
新潟のリターンで試合開始。
自陣30ヤード付近からの新潟攻撃は、WR吉川へのパスとTB工藤の
ランプレーで二つのFDを獲得して敵陣に攻め込むも、結局パント。
ショットガン体型からパスを基調に攻める首都攻撃には大きなゲインを
許さず、首都陣でパントに追いやる。続く新潟攻撃ではパス失敗もあって
1ヤードの前進も出来ないままパント、好調だったはずの攻撃が前進ままならない。
パント後の首都攻撃1プレイ目にパスインターフェアを取られて新潟陣に
攻め込まれるが、続くプレイで首都がファンブルしたボールをDE佐藤(正)が
リカバーし、攻撃権奪取。50ヤードからの好機は、TB工藤のラン、WR目黒、
吉川へのパス、TB小川のランで攻めるが、最後は敵陣30ヤードでの
ギャンブルに失敗し、得点ならず。


2Q
ハーフウェイ近くの自陣から始まった新潟攻撃は、目黒へのパスやQB青木、
FB治田のランなどを交えながらも、要所ではTB小川にボールを集めて攻め、
3度のFDを重ねた後にQB青木がドライブを締め括るTDラン、待望の先制点を
あげる。(7-0)
続く敵陣からの首都攻撃には、タックルミスで50ヤード近いロングゲインを
許すと、レッドゾーン内では、スナップミスを拾い上げたQBにTDパスを
決められるという失態。せっかく奪ったリードを、「すぐに追いつかれる」
悪い癖が出てしまう。(7-7)
続く自陣40ヤードからの新潟攻撃では、TB小川のランで敵陣に侵攻すると
FB治田のランで一気にレッドゾーンまで攻め込み、最後も治田がねじ込んで
突き放す追加点。(14-7)


3Q
後半は首都の攻撃で試合再開、反則で一度FD更新があっただけで
4度パントの蹴り合いが続く。膠着し始めた展開を打破したのは新潟。
首都が自陣深くから投じたパスをLB白井がインターセプト、敵陣20ヤード
からの絶好の位置で攻撃にバトンを渡すと、TB工藤のランでFDを獲得し
最後は吉川へのパスで難なくTD。大きな追加点になった。(21-7)
返しの首都攻撃はパス偏重、DL陣のプレッシャーにより半分は失敗に
追いやるが、要所で決められて最後は被TD。またもやTD後すぐの
シリーズに失点してしまう。(21-14)


4Q
治田の好リターンで敵陣から始まった新潟攻撃、FB治田のロングゲインや
TB小川のFD獲得ランで攻め込むと、最後は小川の公式戦初TDで突き放す。
(28-14)
前半と打って変わり、打ち合いの様相を呈しはじめた試合展開、続く首都も
パスを効果的に通しTD、しかしながらTFPのキックを失敗し、新潟に精神的な
余裕が生まれる。(28-20)
返しの新潟は、吉川の50ヤードまでの好リターンで攻撃を開始すると、
時計を動かしながらのランオフェンスでジリジリ攻め込み、所要9プレイを
FB治田の駄目押しTDランで締め括る。(35-20)
残り約1分の首都パス攻撃をシャットアウトし、QB青木のニーダウンで試合終了。

第三節 国際基督教大学戦

更新日: 平成22年10月24日(日曜日)  編集者: 管理者
10月24日(日)に行われました、国際基督教大学との試合結果を報告します。
1Q 2Q 3Q 4Q 計
新潟 0 13 0 15 28
ICU 7 0 7 0 14


ICU戦レポート

更新日: 平成22年10月30日(土曜日)  編集者: 管理者
1Q
コイントスに勝った(主将田村3連勝?)新潟がリターンを選択。
自陣40ヤード付近からの攻撃、1プレイ目のスイープでRBが
守備のヒットを受けてまさかのファンブル、こぼれたボールを
拾い上げた相手に自陣1ヤードまでリターンを許す最悪の幕開け。
相手攻撃にわずか2プレイで先制TDを許してしまう。(0-7)
すぐに追撃したい新潟だったが、動揺は隠せず、一度のFDすら
奪えずパントに追い込まれる。浮き足立った新潟を畳み掛けるように
ICUはノーハドル攻撃を仕掛ける。対策は練っていたものの
動揺からかスマートな対応が取れず、自陣レッドゾーン付近まで
攻め込まれるも、FGを失敗に追い込み難を逃れる。
何とか活路を見出したい新潟は、FB森林の中央のランと、TB小川の
ランで攻めるも自陣を抜け出せずにパント。
これ以上の失点を避けたい新潟守備は、QBのキープとパスを基調に
攻めるICUに要所でゲインを許すも、最後で粘りを見せて4ダウン、
FGのスナップが乱れて2シリーズ連続で事なきを得る。

2Q
自陣25ヤード付近からの新潟攻撃は、ラインに支えれらたFB森林の
中央のプレイが効果的にゲインを奪い、2度のFD更新で敵陣まで進むも
最後は4ダウン1ヤードが取れずギャンブル失敗。
10数プレイに及ぶ新潟の長いドライブは得点には結びつかなかったものの
浮き足立っていたチームに落ち着きを取り戻させ、また多くの両面選手を
抱える相手から体力を奪って、このあたりからモメンタムの逆転が現れ始める。
ICU攻撃を4&アウトに追い込むとその後のミスパントにも助けられ
敵陣からの攻撃は、FB森林・TB小川のランでFDを獲得すると、
残り20ヤードをWR吉川へのパス一閃でTD。(7-7)
続くICU攻撃は、Kでスターター起用となった1年生山市の好キックと
カバー陣の素早い寄りもあって、ICU陣20ヤードからの開始。
動きの良くなってきた新潟守備がFDすら許さず、敵陣で攻撃にバトンを
渡すと、WR吉川への4ダウンギャンブルのパス成功で敵陣5ヤードまで
攻め込み、最後はTB小川が持ち込んで逆転のTD。TFPを外してしまい
微妙な点差をリードして前半を終える。(13-7)

3Q
ICUの攻撃で後半開始、スイープとパスでたった4プレイの間に自陣3ヤード
まで攻め込まれると、4ダウンまで追い込む粘りを見せるものの、結局警戒して
いたはずのTBのランでTD、再逆転を許す。(13‐14)
返しの新潟攻撃は、キックオフで小川が好リターンを見せて敵陣からの開始、
中央からオープンまでランでバランスよく攻めて一度FD更新するも続かず
攻撃権を明け渡す。ICU攻撃はオープンとパスに偏重し出し、要所でFD
獲得のパスを二度通されて自陣への侵入を許すも、相手QBのオプション
ピッチが乱れてRBの手に付かないところにLB白井がヒットし、こぼれた
ボールをCB武田がリカバーしターンオーバー。わずかに1点リードを許した
状態で最終Qへ。

4Q
一度ずつパントを蹴り合って迎えた新潟攻撃は、試合を通して低調だった
相手パントのおかげもあり敵陣からの開始、TB小川、WR吉川がそれぞれ
1プレイでFDを更新すると、FB森林の中央・TB小川のパワーで敵陣
10ヤードまで攻め込み、1ダウン10をFB森林が一気に駆け込み
再々逆転のTD。TFPでは2ポイントを選択し見事成功、ようやくこの日
初めて1ポゼッション差をリードする。(21‐14)
K山市が好キックを続け、自陣からのICU攻撃は相手反則も手伝って
長い距離を残したままパント、攻撃権を獲得する。
時間を消費しつつ何とか追加点を得たい新潟は、FB森林・TB小川のランと
WR吉川へのパスを中心に敵陣深くまでじっくり攻め込むと、11プレイ目に
吉川が持ち込んでTD、残り1分で決定的な追加点を上げる。(28‐14)
最後は新潟守備がICUのパスを4本止めてタイムアップとなった。

Prev1Next
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total239720 7days908 Yesterday133 Today092 1count/day on each IP Since 2013-03-11