2010年6月の一覧表示

Prev1Next

6月12日対埼玉大学

更新日: 平成22年06月13日(日曜日)  編集者: 管理者
6月12日(土)に行われた、埼玉大学との試合結果を報告します。

1Q 新潟大学8点
(WR#15 横尾崇宜)
埼玉大学0点

2Q 新潟大学12点
(WR#86 吉川智也)
(TE#16 石山大樹)
埼玉大学9点

3Q 新潟大学0点
埼玉大学6点

4Q 新潟大学0点
埼玉大学0点

計20−15で新潟大学が勝利しました。勝利はしましたが、新たな課題も見つかったので、秋のシーズンに向けて、より一層練習に励んでいきたいと思います。

また暑い中、応援に駆け付けてくださった、OB・OG、ご父兄のみなさまありがとうございました。

埼玉戦レポート

更新日: 平成22年06月23日(水曜日)  編集者: 管理者
遅ればせながら埼玉戦のレポートです。

1Q
新潟のキックオフで試合開始。
パスやTBのランプレーで攻める埼玉に二度FDを許すも、元気印の
2年生DE佐藤(正)がボールを掻き出しロケットファンブル誘発
(推定3mは舞い上がりました)、SF黒澤がリカバーしターンオーバー。
敵陣40ヤードと好位置からの新潟攻撃は、パス、FB・TBのランで
バランスアタック、レッドゾーンに攻め込んでのギャンブルでWR横尾へ
パスが決まり先制TD。TFPでプレイも決まり、8点先制。(8―0)
続く埼玉攻撃は1プレイ目でTBにビッグゲインが出て、新潟陣まで
攻め込まれるも、その後は新潟守備の反応よく、パントに追い込む。
埼玉パントカバーに反則があり、50ヤード付近からの新潟攻撃は、
連続パス成功でさらに畳み掛けようかという時にTBがファンブルロスト。
緊迫した場面では命取りになりかねないミスを犯してしまう。
その後守備が踏ん張ってFDを許さず事なきを得る。

2Q
自陣20ヤードからの新潟攻撃、春季好調のQB青木のパスとFBのランで
FDを2度更新して迎えた自陣からの3ダウン、TE石山がパス捕球&
アフターランで60ヤード以上を走りきりTD、追加点を挙げる。(14―0)
直後、埼玉リターナーにエンドゾーンまで運ばれ、リターンTDを喫す。(14―6)
途端にリズムが崩れた新潟、パスが全く通らず前進ままならず。
逆に埼玉は勢いに乗ってパス・ラン交えて攻め込み、最後は30ヤード付近
からのFGを沈められてしまう。(14―9)
何とかモメンタムを奪い返したい新潟、リターナーに入ったWR吉川が
敵陣までのビッグリターンを見せたのを皮切りに、ギャンブル成功となる
パス捕球、前半最終プレイで〆のTDパス捕球と吉川劇場。(20―9)

3Q
新潟の攻撃では、1年生TB小川がデビュー。まだまだぎこちない動きながら
上級生以上のスピード感があり、初キャリーでFDを獲得するなど(1ヤード
でしたが)上々のデビュー。パスやオプションで繋いで敵陣まで攻め込むも
QB青木がファンブル。
続く埼玉の攻撃では、TBに大きくゲインを許しレッドゾーンまで侵攻、最後は
FGトライを失敗に終わらせる。
守備の粘りを攻撃のリズムに活かしたい新潟だったが、自陣から投じたパスが
インターセプト。ターンオーバー直後のプレーで30ヤードを走られてあえなく
TDを許してしまう。(20―15)
ターンオーバーですっかりリズムを崩した新潟は、FDすらままならず、逆に
埼玉にはしばしばロングゲインを奪われるようになる。


4Q
終盤でばて始めたか、両軍失速、3度FDなしのパントの蹴り合いが続いた後の
新潟攻撃は、TB小川、森林、工藤のランを中心に自陣深くからハーフウェイまで
戻すも結局パント。埼玉自陣5ヤードからの攻撃では、パスやオプションで
ダウン更新を許し、ずるずる進まれるもそのままタイムアップ、試合終了となった。
(20―15)
Prev1Next
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total240140 7days1030 Yesterday154 Today014 1count/day on each IP Since 2013-03-11