亜細亜大学戦レポート

更新日: 平成22年10月06日(水曜日)  編集者: 管理者
1Q
コイントスに勝った新潟のリターンで試合開始。
WR吉川の好リターンで50ヤード付近からの新潟攻撃は、TB工藤の
ランプレーと吉川へのパスで敵陣30ヤードまで攻め込むと、副将FB
治田が一気に駆け抜け、わずか5プレイで先制TDをあげる。(7-0)
続く亜細亜自陣40ヤードからの攻撃には、ラン・パスバランスよく
攻められ、4つのFDを重ねられた挙句に、最後はダイブでTDをお返し
されてしまう。TFPは外れ、わずかに新潟リード。(7-6)
お互いの攻撃優位かと思いきや直後の新潟攻撃はあっさり3&アウト。
しかし4ダウンのパントをQB兼任のP青木が敵陣1ヤードでピタリと止める
ビッグプレイ。敵陣深くからの亜細亜攻撃で、LB白井がファンブル
フォース、DE松葉が押さえて、絶好の位置で攻撃にバトンを渡す。
敵陣6ヤードからの新潟攻撃は、TB工藤がブラストでゴールライン間近
まで運ぶと、QB青木のスニークで難なくTD。(14-6)


2Q
1Q最後の得点以降、3度パントの蹴りあいが続いた後の自陣5ヤード
からの新潟攻撃は、積極的にパスを投じるも2度失敗、3ダウン10からの
3度目の正直とばかりに投じられたパスはWR吉川の胸元にすっぽり収まる。
スピードに乗った吉川はそのままエンドゾーンまで走りきり、なんと95ヤード
のTDパスレシーブ。(21-6)
続く亜細亜のキックオフで自陣までのビッグリターンを許すと、3プレイ目に
パワーで約40ヤードを独走されて被TD、突き放す事が出来ない。(21-13)
続く新潟攻撃は、自陣15ヤードからTB工藤のランと吉川への短いパスを
基調に12プレイでコツコツ前進し、6度のFDを重ねて敵陣深くまで攻め込むと
最後はDB兼任のK黒澤が落ち着いてFGを沈めて3点追加。(24-13)


3Q
後半は亜細亜の攻撃で試合再開、大きなゲインが反則で無効になるなど
運にも味方される。
続く新潟攻撃は、自陣40ヤード付近から、FB治田、工藤と交代で入った
ルーキーTB小川がFDを重ね、最後はQB青木が14プレイのTDドライブを
締め括る。(31-13)
3ポゼッション差がつき油断がうまれたか亜細亜パス攻撃に前進を許し
自陣15ヤードまで攻め込まれる。


4Q
亜細亜3、4ダウンのパス攻撃を失敗に追いやっての新潟攻撃はFB森林、
TB小川がボールを運ぶもパントで終わる。続く亜細亜の反撃のパス一投目を
SF黒澤がインターセプト。ディフェンスが掴んだ50ヤードからの好機は、
再投入のTB工藤とFB森林のランで着実に前進はするものの、最後の詰めが
甘く、FGトライをK黒澤が外してしまう。
その後1シリーズずつ攻守を入れ換えてタイムアップ、試合終了となった。
(31-13)

更新日:2011-05-07 03:00
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total239726 7days914 Yesterday133 Today098 1count/day on each IP Since 2013-03-11