2010年3月の一覧表示

Prev1Next

冬季五輪閉幕

更新日: 平成22年03月02日(火曜日)  編集者: 管理者
冬季五輪が閉幕しました。

世界のトップアスリート達がギリギリのラインで競い合う姿には
競技の枠を超えて惹きつけられてしまいます。

冬のスポーツの特徴として、相手や自分との戦いのほかに、自然との
戦いが大きく勝敗を分けるなあと改めてその難しさを感じる五輪でした。

残念ながら、という表現が正しいかどうかわかりませんが、金メダルを
獲得した日本人選手はいませんでした。わずかに及ばす、それでも世界で
2番とか3番の『偉業』を成し遂げた選手達が異口同音に「でもやっぱり
悔しい」とコメントしているのを見て、スポーツ選手たるもの、こうありたい
と思いました。

個別に触れたい選手・競技・出来事も沢山あるのですが、ここでは以下を。

皆川・上村夫妻は、皆川選手が新潟出身ということもあってよく取り上げ
られていました。皆川選手は、リスクをコントロールし、冷静さを保った
「80%の滑り」を追求していたそうです。スポーツ選手が100%や120%
でなく、80%を追求するなんてユニークだなとは思っていたのですが、
その彼が、妻の滑りを見た後に、「自分も『200%』の力を出す」と
インタビューに答えていました。妻への深い愛情とか労いに加えて、
彼自身の覚悟を強く感じ、ただでさえ男前がどんだけ格好エエ事を言うねん、
と嫉妬するくらい格好良いコメントでした。
また、「世界のトップレベルになると、結果というものは天気みたいなもの。
その日にどの選手が“晴れるか”だと思う」とも言っていました。

世界の頂点を知る人間の達観で、非常に深いと感銘を受けた反面、今我々
タイガースが置かれている環境は決してそんな究極に不安定で不確かな
世界でなく、自分達の努力次第で間違いなく空を晴らすことの出来る世界
だと認識しています。
200%の攻めの姿勢でシーズンを突っ走り、快晴の空を眺めたいものです。






今晩(と来週)のケンミンSHOW

更新日: 平成22年03月04日(木曜日)  編集者: 管理者
日テレ系の人気番組「秘密のケンミンSHOW」の人気コーナー、
「連続転勤ドラマ 辞令は突然・・・」で、東夫妻(主役の転勤族の
若夫婦です)にとうとう当地新潟への辞令が下るようです。

「新潟ならでは~」としてどんな事が紹介されるのでしょうか、
ちょっと楽しみです。

ご興味ある方はご覧になってみて下さい。

おそらく2週に分けて前後編の構成ですので、今日見逃した
方は来週改めてどうぞ。

当ブログでも、ボチボチご当地紹介もやってみたいと思って
おります。期待せずにお待ち下さい。

合格発表=胴上げ祭

更新日: 平成22年03月09日(火曜日)  編集者: 管理者
いよいよ前期試験の合格発表が迫りました。

発表会場では、タイガース一同、正装(試合用ユニフォーム)にて皆様を
お迎えします。

合格された方には、我々から祝福の思いを込めて、空高々と胴上げして
差し上げます!

常日頃から熱心にウエイトトレーニングに勤しんでおりますので
安全性には自信があります!小柄な関取くらいまでは上げられるでしょう。
安心して身を任せて下さい(笑)

統計をとった訳ではありませんが、全国的に見ても、合格発表の胴上げと
いうと「アメリカンフットボール部」が活躍しているケースが多いように
思います。

トレーニングで培われた屈強な体躯に加え、防具が見栄え良いからかも
しれません。私が大学入学時にはすでにやってましたから、かれこれ十数年の
歴史で、もはや老舗の貫禄です。

当然ながら自分達のアピールもありますが、あの場にいると見事に目標を
果たした最高の笑顔や素敵な涙を見れるので嬉しくなってしまいます。

せっかくの機会ですので、舞ってみませんか?






OB活躍中!

更新日: 平成22年03月24日(水曜日)  編集者: 管理者
今年のお正月、ライスボウルでの大活躍でチームを勇気付けてくれた
OB牧内選手にまつわるニュースがまたもや届きました。

【中高生の指導にも活躍】海陽学園(愛知)にてアメフトクリニック
http://www.kaiyo.ac.jp/phpapp/top/disp_topics.phtml?tpno=186

牧内が学生時代にタイガースのコーチをしてくれていた
K都大学OBの某氏が、現在同校に勤務しており、臨時コーチの
招聘が実現したようです。

当日は例のチリ地震による津波警報が発令されており
グラウンドでの指導は限られた時間に止まったそうですが
屋内に場所を移しての講義編では、リーダーシップ論など
有意義な話が聞かれた模様です。
う~ん、ウチの学生にも聞かせたかった。

某氏に聞くところよると、
「リーダーとして心掛けているのは『チームの鑑になること』、
とことん自分がやる事を心掛けている」
「学生時代は、シンプルに『デカくなって勝つ』と考え、食事と
トレーニングで100kg超級をズラリと揃え、ひたすら押しまくって
勝っていた」
「新潟は米が美味いので、米をおかずに米を食べてた(笑)」
等々、ざっくばらんな話が聞かれたようです。

生徒さんが「日本一になって、MVPになってどうですか?」
と質問されたそうですが、牧内は「勝ったけど、だから・・・
って感じかな?別に何か成し遂げたとは思ってないし、自分に
満足はしてない。『まだイケるやろ?』と思ってる。今まで
何かを達成したと思ったことは無い」
と答えたそうです。

この答えを聞く限り、今シーズンも牧内の活躍を見る場面が
増えそうです。
タイガースも彼に負けない活躍を見せ、むしろ牧内に刺激を
与えられるような存在にならないといけません。
そのためにはまず、牧内のこの貪欲な姿勢というか、もはや
「飢え」と表現した方が良いような向上心を、若い学生達に
見習って欲しいものです。


(米)
上記牧内談話ですが、本人にも某氏にも転載許可得ておりません。
各方面におかれましてはあしからずご了承下さい。

成功体験

更新日: 平成22年03月27日(土曜日)  編集者: 管理者
数日前の選抜甲子園で、中京大中京が夏春連覇に向けて
苦しみながらも初戦を突破したようです。

中京大中京といえば、昨夏の甲子園決勝で、我らが新潟代表
日本文理と歴史に残る熱戦を繰り広げた相手です。

昨夏の9回の文理の驚異の追い上げは記憶に新しいと思いますが
その9回に中京大中京のリリーフとしてマウンドに立ち、文理の
猛攻にさらされながら辛くも逃げ切った(この辺は新潟目線です)
森本君が、この春はエースとなって甲子園に戻ってきているのです。
一昨日は先発するも一度マウンドを降り、9回のピンチに昨夏を
思わせる再登板し、見事リリーフに成功しています。

新聞等の記事によると森本君曰く、
「あのいいイメージ(昨夏の文理戦)が頭に浮かんだんです」
崖っぷちに立ちながらも逃げ切り、全国優勝を果たした“成功体験”の
記憶が鮮明に残っていたんですね。
1点差とされ、なおも2死3塁と攻め立てられたことについても
「去年の夏の経験を生かして楽しめました」と余裕のコメントを
残しています。
(蛇足ですが、「(昨夏の9回は)何を投げても打たれそうな
気がした」そうな。あのサードライナーがもう2mずれていれば、
新潟県民200数十万人が想像した「もしも」です。)


さておき、スポーツにおいて過去に成功体験を持つというのは大きな
アドバンテージだと思います。

私は、コーチをはじめた数年前と今では180度方針が変わっている
学生へのアプローチがあります。
それは「自身の成功体験は惜しみなく話す」と言う事です。

実は最初は、「『俺の若い頃は』なんて話は聞きたくもないやろう」
「今と昔は事情も違うから参考にならんやろう」と消極的でした。

ただ、勝てない時期が続いた時(今もですが・・・)に考えました。

多少なりとも学生達より経験の上積みのある私が、積極的に自身の
体験を話す事によって、疑似体験を積ませてやれるのではないか?
特に成功体験を伝えてやる事は、目標達成への道程やその険しさ、
成し遂げた瞬間の歓喜をある程度具体的にイメージするために
貴重な材料になるのではないか?

以後、惜しみなく、くどいほど自慢話をしているつもりです。

単におっさんが過去の栄光に浸っていたり、クダを巻いている
わけではなかったんですよ、選手諸君。

コミニケーションは双方向、受け取られて初めて伝えたと
言えますが、タイガースの先輩としての私の過去の自慢話を
聞いた学生が、ほんの少しでも「そんな風になってみたい」
「自分たちにも出来るはずだ」と感じてくれていれば、意義は
十分にあったと言えます。

今後も惜しみなく自慢話をしていこうと思っています。

ゴールの先

更新日: 平成22年03月30日(火曜日)  編集者: 管理者
最近は脳に関する特集を色んなメディアで見ますね。
スポーツにまつわる「勝負脳」の話、耳にしたことがある方も
多いのではないでしょうか。
その中でも、私が最も気になるのが『自己報酬神経群』です。

分かりやすく説明するために、ちょこっととある記事を引用します。

~水泳の北島康介選手が北京五輪の代表選考会で、残り10mまで
明らかな世界記録ペースで泳いでいたにも関わらず、結果0.43秒
及ばなかった。
脳の機能は「ゴール間近だ」と認識した瞬間に低下し、それに伴って
運動機能も低下してしまうからで、これは脳の『自己報酬神経群』の
仕業である。
自己報酬神経群とは、その名の通り「自分へのご褒美」をモチベーション
に働く部位であり、この部位が活発に働かないと脳は活性化しない。
重要なのは、活性化はご褒美が得られたという「結果」によって起こる
のではなく、「ご褒美が得られそうだという『期待』によって起こる」点だ。
ご褒美が得られた、つまり結果を手にしたと思うと、むしろ脳の機能は
低下してしまうのである。~

非常に興味深い内容です。

選手たちには常々、ストレッチゴールを設定せよ、と話していますが、
この脳の仕組みを利用する上でも、簡単には達成できないゴールに
向かって努力を続けるというのは効果的なことだと感じました。

同時に、最終目標をブレイクダウンして細かく落とし込んだ際には、
各段階で、自己報酬神経群によるブレーキダウンでパフォーマンスが
低下してしまわないよう、十分に気をつける必要があります。

ちなみに、北島選手はどうやって克服したと思いますか?

プールの壁をゴールだと思うのではなく、壁にタッチした後、振り向いて
電光掲示板を見た瞬間がゴールだと考える訓練を重ねたそうで、
その結果は皆さんご存知の通りです。

フットボールに限らず、様々なシーンで活用できそうです。

Prev1Next
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total239638 7days1064 Yesterday109 Today010 1count/day on each IP Since 2013-03-11