2010年2月の一覧表示

Prev1Next

雪ニモマケズ

更新日: 平成22年02月04日(木曜日)  編集者: 管理者
新潟市内、雪が凄まじいです!

当初から今日は結構ヤバい予報でしたので警戒はしていましたが、
朝玄関を開けたときは思わず笑ってしまいました。

車が食パンマンみたいなシルエットになってましたし、玄関から
2、3段あるはずの階段が行方不明、「斜面」になってました。
私で言えば股上あたりまで、一般成人男性であれば膝上くらいまで
は積もってたんじゃないでしょうか。

「今年は暖冬・小雪」なんて言われてたのはなんだったんでしょう。

とはいえ、私は雪を見ると小学生か犬と同じくらいテンションが
上がりますので、朝からそれなりに楽しんでいました。
(もうそろそろチームの大学生とも共通の話題が無くなる寸前の
アラサーなんですが・・・)

県外の方は「新潟」と言うとまさにこのイメージでしょうが、
新潟大学のある新潟市内は実はそんなに雪が降らないんです。
私も関西出身ですので「どんだけ降んねやろ・・・」「アパート
も冬は2階から入るんやろか」と恐れおののいて冬を迎えたもの
ですが、あまりの降らなさに拍子抜けした記憶があります。

特に暖冬傾向にある近年は顕著で、ご年配の方から「昔はもっと
降った」という豪雪武勇伝を聞く機会も増えました。

そんな中ですから、この大雪はなかなかのモンですが、私のように
非日常をエンジョイする人間もいれば、蛇蝎の如く忌み嫌う方々も
いらっしゃるでしょう。
早朝から駐車場や歩道の雪かきをしなければならない会社やお店は
本当に大変そうですし、流通関係の皆さんも相当ヤキモキされてるでしょう。

仕事に向かう車中のラジオでは、今日が試験という大学生からの
メッセージが多数寄せられていました。
現在試験休み中のタイガースの学生達も必死のパッチで試験勉強に
勤しんでるはずですが、そこは文武両道のタイガース、晴れやかな
会心の笑顔で試験休み明けの練習に出てきてくれるでしょう。

朝青龍

更新日: 平成22年02月07日(日曜日)  編集者: 管理者
朝青龍が引退しました。

ファンというほどでは無いですが、どちらかといえば好きな
力士の一人でした。

体格には恵まれていませんが、高い身体能力と負けん気の
強さで横綱まで昇りつめ、歴代3位の優勝回数を誇ります。

何より秀逸だったのは、その集中力の高さだと思います。
時間一杯から彼の所作は力強く、かつ研ぎ澄まされていて、
思わず見とれてしまうほどでした。

確かに横綱の品格と言われると、彼の言行は決して誉められた
ものではないですが、品行方正タイプの白鵬と非常に対照的で、
そのライバリーが大いに土俵を盛り上げていたのではないでしょうか。

変わらない事が伝統であり、守らなければならないものある事は
十分理解出来ますが、相撲は「芸能」ではないはずです。
真剣勝負を見せるスポーツ興行なわけですから、時流に応じ、
様々なタイプのヒーロー、ヒールが現れて然るべきではないかと
思います。

私には、がむしゃらにのし上った弱冠29歳の異国の青年を、
大の大人が指導し切れず放り出してしまった感が否めません。

漫画家だの脚本家だの、外野が偉そうに騒ぎ立てて、何なんでしょうね。

私もメディアに躍らせれている一人でしょうが、本人も、被害者さえも
報道と実際の出来事の間に相違があることを訴えているそうで、真実が
明らかにならないまま結論が出てしまった事は残念です。

と、朝青龍寄りの偏った内容を書きましたが、あくまで私見ですので
ご容赦下さい。古くよりの相撲ファンにとっては許されざる愚行が
続いているのも存じております。

早くも引退後の朝青龍は格闘技に転向か、などという噂も聞かれますが
意表をついてアメフトはどうでしょう。凄まじいDLになると思います。
FBも面白いかもしれません。


以前何かのスポーツ雑誌で、他競技のアスリートにアメフトをさせたら、
という興味深い記事がありました。
イチローがFS、砲丸投げ室伏がMLB、なんていう調子で全ポジション
埋めていました。ラインには軒並み力士が選抜されてたような記憶が
あります。(実際若乃花はアメフト挑戦しましたね。貴乃花にはレイダース
から身分照会があったとか)

また改めて私的他競技オールスターズを選考してみたいと思います。

スーパーボウル

更新日: 平成22年02月08日(月曜日)  編集者: 管理者
いよいよスーパーボウルが開催されます。
アメリカンフットボールがあまり市民権を得ていない日本やその他の
国々では想像しにくいでしょうが、世界最大級のスポーツイベントです。

あまり興味の無い方も試しにちょっと見てみて下さい。
細部にわたってショーアップされていて、かつ純粋に世界最高峰の
フットボールをご覧になれるでしょう。

人生で一度は生で見てみたいものです。取材と称して楽しめるオードリーが
心底羨ましいです。
いや、スーパーボウルなんて贅沢は言いませんので、NFLレギュラー
シーズンでもカレッジでも良いので、誰か連れて行ってくれないでしょうか。

さて、対戦はインディアナポリス・コルツ対ニューオリンズ・セインツ。
レギュラーシーズンは同じように磐石の勝ち上がりを見せた第一シード
チーム同士の対決になりましたが、勝敗やいかに。

カンファレンスチャンピオンシップでは、見事に2試合とも予想(という
より希望)を外した私ですが、懲りずに今回も。

セインツQBブリーズ、RBブッシュが前半から爆発、DEフリーニーを
怪我で欠くコルツDEFから得点を重ねる。後半、コルツQBマニングが
恐ろしい集中力で猛追するも、及ばす、38-34でセインツ勝利。
どんなもんでしょうか。

NHKBSや日テレ系列で放送があります。
是非皆さんも楽しんで下さい。

他競技アスリートでつくるオールスター

更新日: 平成22年02月16日(火曜日)  編集者: 管理者
先日、朝青龍についてのブログで他競技のアスリートで選ぶオールスター
チームについて触れました。
独断と偏見に満ち満ちた選考で、以下のメンバーを選抜してみました。
あまり細かいツッコミはナシで、肩の力を抜いてお楽しみ下さい。


QB:城島健司(野球。強肩と捕手ならではのインサイドワーク。)
FB:侍バツベイ(ラグビー。ブロックとキャリー両方えげつなそう。)
TB:北川智規(ラグビー。3年連続トライ王のフィニッシャー。)
TE:竹内公輔(バスケットボール。2m超の身長とシュアハンド。)
WR:宮崎大輔(ハンドボール。クイックネスとボール感)
WR:塚原直貴(陸上・短距離。日本最速級のディープターゲット)
C:GG佐藤(野球。スナップを考慮し、大型でパワー派の野球選手を。)
RT:琴欧州(大相撲。どうしてもOTは大相撲の外国人力士が浮かびます。)
LT:白鵬(大相撲。抜群の安定感でブラインドサイドは横綱にお任せ。)
RG:石井慧(総合格闘技。どう見てもDEFタイプですが、あえてOL。)
LG:中西学(プロレス。日本人離れしたサイズと、意外と芸が細かそう。)


NG:棟田康幸(柔道。低く、強く、重い、理想のNGです。)
DT:朝青龍(元大相撲。スタート、リアクション秀逸。性格もDL向き。)
DE:石島雄介(バレーボール。197cm100㎏であのしなやかさ。)
DE:大野均(ラグビー。2009年度トップリーグMVPのロック。)
MLB:室伏広治(陸上・投擲。別格。本気でやればNFL級。)
OLB:楢崎正剛(サッカー。人とボールへの強さ。)
OLB:青柳勧(水球・このスポーツは隠れたアスリート揃い。)
SS:山本KID徳郁(総合格闘技。スピードとタックリング能力高。)
FS:イチロー(野球。もはや神格化された能力で守護神として君臨。)
CB:長友佑都(サッカー。他の日本代表SB内田、駒野でも可。)
CB:田臥勇太(バスケットボール。クイックネス、アジリティ良。)


ポジションの都合で泣く泣く選出漏れした、私的一本目同等クラスは、
井上康生(元柔道)、中澤佑二(サッカー)、藤田和之(プロレス)、
豊真将(大相撲)、青木宣親(野球)、青木・所・宮田・宇野(総合格闘技)
あたりです。

ラグビーとアメフトは似て非なるもの、と言いながらも、他競技の中では
適性は非常に高いでしょうね。


私の勉強不足で知らない一流アスリートもまだまだ多いとは思いますが・・・
是非お勧めの競技や選手がいたら教えて下さい。

合格祈願【受験生のみなさんへ】

更新日: 平成22年02月25日(木曜日)  編集者: 管理者
ついこの間センター試験が終わったと思っていたらもう二次試験。
なんて言ったらこの1ヶ月半、死ぬ気で勉強してきた大学受験生に
怒られそうですね。

大学受験に限らず、この時期の受験生はみんな血眼になって最後の
追い込みをかけていると思います。

タイガース一同、受験生のために何が出来る訳でもありませんが
受験生の皆さんの努力が実を結ぶ事を心から祈っています。

受験勉強は役に立たない、なんて話を耳にする事もありますが
絶対にそんな事はありません。入試の結果如何を問わず、身に
つけた知識が無駄になる事なんて100%あり得ません。
今日覚えた英単語や公式、解法、年号、その一つ一つが皆さんの
武器になります。受験戦争でもその先でも。

もう一つ、私は昔から受験勉強というのは、長い目で見た実技
試験だと思っていました。
「目標を設定し、それに向けた継続的な努力が出来るか」
「苦しいときもへこたれずに頑張れるか」
「誘惑に負けず我慢するべきところは我慢できるか」
を試され続けているんです。


あともうちょっと。みんな頑張れ!



おまけ
本番の日、試験会場に入ったら自分が緊張しているか確認してみて下さい。
人間、適度な緊張状態の方が良いパフォーマンスが出来ますので、
その時点で・・・

「俺(私)緊張してないわ~」:
この期に及んでそんなワケが無いので、リラックス出来てる証拠。OK!

「俺(私)緊張しているな~」:
自覚出来るのは適度な緊張ってことで、これもOK!

「あかん、俺(私)真っ白や・・・」:
ちょっとまずいですね、でも「・・・真っ白や(笑)」と、人生でも
中々無いホワイトアウト体験をエンジョイ出来れば少しほぐれるはず。
Prev1Next
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total240445 7days1059 Yesterday191 Today128 1count/day on each IP Since 2013-03-11