ホーム コーチズアイ



Prev123...101112Next

ありがとうございました

更新日: 平成22年12月14日(火曜日)  編集者: 管理者
スタンドで声援を送って下さった皆様、遠方からも結果や
戦いぶりを気に掛けていただいた皆様、本当にありがとう
ございました。

桜美林大学との入替戦は0-54の完敗に終わり、2010年の
タイガースは幕を閉じました。

タイガース史上「かつてない」と表現しても過言ではない
大応援団に、最後の最後まで大声援をお送りいただきましたが、
結果でも内容でもお応えする事が出来ませんでした。

実はどんな方々がお越しになっていたかあまり把握しておりません。
試合前や試合中は、感情的になるまいと努めてスタンドを見上げない
ようにしていましたし、試合後は顔を上げる事が出来ませんでした。


試合はと言いますと、大きな実力差・劣勢・厳しい戦いは元より
覚悟の上で、いかにその差を埋めて、我慢しながら勝負できるか
どうかを考えて準備しましたが、おそらく試合をご覧になった方の
全てがお感じなられた通り、根本的な部分、チームのベースとなる
部分で埋め難い差がありました。

このベースの部分は一朝一夕で何とかなるものではなく、結果的に
1年分の積み重ねで惨敗したと言えます。

加えて、敗戦と言う結果や0対54という圧倒的な点差以上に
残念でならないのが、チームが最初から最後まで弱いなりに
戦い切れたと胸を張れない試合だったという点です。


負けた瞬間から来年のスタートが始まっています。
あのような敗戦の後でネガティブ思考は拭い切れませんが、
今年出来たことへの評価も忘れることなく、新しい一歩を
出し続けます。

「自分達は弱い」と自覚出来たことは成果です。
この自覚こそ強くなる第一歩のはずです。
卑屈になることなく、貪欲に上を見て取り組みます。

必ず来年も応援してくださる皆様を入替戦の会場へご招待し、
歓喜に沸くチームの姿お見せしたいと思います。

最後になりましたが、2010年のタイガースに温かい
ご声援をお送りくださり、本当にありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。


決戦前夜

更新日: 平成22年12月11日(土曜日)  編集者: 管理者
決戦前夜です。

選手達は午前中の練習を終え、すでに東京へと発ちました。


天気予報では、先週今週の新潟は全体的に空模様が怪しく、
雨の中での練習も覚悟していましたが、日頃の行いが良いのか、
はたまたアメフトの神様が「弱いほうに練習させたらなさすがに
可哀想」と慈悲をかけてくれたのか、幸運にもあまり雨に降られず
練習が出来ました。

ただ、とんでもなく寒かったです。
昨日、私の車の温度計は5度と表示していました。

体感ではもっと低く、もはや寒いではなく痛いに近い感覚です。
4年間経験したOBOGや、北国ご出身の方にはご理解いただける
かと思います。

そんな酷寒の中、エースレシーバー吉川はじめ、数名が半袖で
練習していました。本人自身が寒そうにしていますし、見ている
こっちが凍えそうなので、「長袖着ろ!」と言ったんですが
「長袖着るとちょっと暑いんです」との事。
暑いって、5度ですよ、5度。燃えてる証拠ですね。

毎年入替戦の季節は新潟市内でも初雪を観測するかしないかという
時期でして、私も現役時代、軽い吹雪の中で練習した記憶があります。
凍てつく寒さでダミーがめっちゃ硬くなって痛かったです・・・

近年、目標に遠く及ばす、早々にシーズンを終える年が続いたせいで、
この時期の練習の感覚を忘れそうになっていました。

気温や天候の面だけではありません。

ポストシーズンを戦える事の幸福を、それを勝ち取ったのは
自分達だという自信を、最後に戦うのは今季最大の強敵である
という危機感と挑戦者としての心構えを、再認識しています。
多くの方々に応援していただけるこの上ない幸せと心強さを胸に
最後の最後まであがいて準備します。

そして明日、選手たちは良い意味で開き直って思い切りPLAY
してくれると信じています。

応援宜しくお願い致します。


復路車内でコーチが選ぶMVP(文教大学戦)

更新日: 平成22年11月28日(日曜日)  編集者: 管理者
昨日の文教大学戦に勝利し、3部Cブロック優勝を果たしました。

多くのご父兄・OBOGの皆様には、寒い中にも関わらず
最後まで熱い声援をお送りいただきまして本当にありがとうございました。

試合はと言いますと、序盤は気持ちだけが先行して空回り、先制+追加点まで
許す苦しい展開でしたが、落ち着きを取り戻して前半のうちの逆転すると、
その後は(結果的には)危なげなく試合を運べたと思います。

しかしなかなか思うようにはいきません。
オフェンスは今季最高得点、ディフェンスは5インターセプト(キッキングも
含めると6ターンオーバー奪取で、ターンオーバーマージンは前節の-5から
+6へと大幅増)という見た目の成果以上に反省すべき点が多かった試合でした。

細かい技術論以前に、相変わらずメンタル由来の課題と、意識の低さが
露呈する場面が散見されます。


というわけで標題MVPですが、監督「無しだ!」

ということだったんですが、私の独断で攻守1名ずつ選出します。

オフェンス:TB小川(1年)
ディフェンス:SF目黒(2年)

ともに下級生ながら価値ある働きをしてくれました。
伸び代への期待も込めての選出です。


次節、勝っても負けても今季最終戦、目標達成を賭けた文字通り
最後の戦いです。誰の目にも明らかな劣勢を自覚し、それを覆すだけの
強い意志と行動力が持てるかどうか。
求めるモノは今回に限っては結果だけです。
良い試合しても負けたら無意味な試合です。
やるしかありません。


Prev123...101112Next
 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total233884 7days1447 Yesterday272 Today116 1count/day on each IP Since 2013-03-11