復路車内でコーチが選ぶMVP(拓殖大学戦)

更新日: 平成21年10月12日(月曜日)  編集者: 管理者
第二節、拓殖大学戦も何とか勝利することが出来ました。

前半から我慢の時間帯が長く続く展開でしたが、ディフェンスが
よく辛抱し、オフェンスも後半ようやくエンジンがかかりました。

結果二連勝とはいえ、相変わらず課題も多く、もう一回やったら
わからない、という薄氷を踏むような勝利です。

学生は2週間でも劇的に変わることの出来る可能性を秘めていますので
今回の結果を糧に、さらに大きく飛躍してもらいたいと思います。

次節は同じく全勝の創価大学戦、余計なことを考えず、真っ向勝負
を挑むのみです。

さて、標題の企画ですが、前節に引き続きMVP受賞者はなしです。

正直言いまして、初回にもったいぶってしまったせいで、なかなかMVPを
出しにくくなってしまっていますが、こうなったらシーズンを決定付けるような
誰もが納得のプレイヤーに出てきてもらうまでです。前節以上に評価に値する
プレイ・選手も増えてきていますので、ひょっとしたら次あたりは・・・

その候補にもなるでしょう、今回のMIPです。

オフェンス 
QB#7青木(2年)
選出理由:下級生らしからぬ落ち着いたクォーターバッキングを披露。
終盤の逆転劇を演出した。

ディフェンス 
CB#13黒澤(3年)
選出理由:前節に引き続き連続選出。オープンプレイで度々ロスタックルを
見舞い、ディフェンスに勢いをつけた。パスカバーも安定。


ゲームレポートは近日中にご報告します。

明日、拓殖戦です

更新日: 平成21年10月10日(土曜日)  編集者: 管理者
いよいよ明日、タイガースは今シーズン第二節を戦います。
相手は拓殖大学。昨年4部を怒涛の勢いで勝ち上がり、入替戦でも昨リーグ戦
で我々が四苦八苦してようやく勝った高崎経済大学相手に62-0と圧勝し、
昇格してきました。ブロック内順列は最下位ですがとんでもない、春には1部とも
良い試合していますし、初戦は逆に2部から降格してきた千葉大学を接線の末
破っており、間違いなく優勝候補の一角です。

タイガースは早々に天王山を迎えることになりますが、毎試合トーナメントの
つもりでやっておりますので、相手がどこでもやり切るだけです。
他校にはない、絶対に負けられないいくつかの理由をモチベーションに、
選手達は熱い試合をぶちかましてくれるはずです。

ここ数年、こういった天王山の戦いでは、為す術も無く無残に敗れるひ弱さを
見せ続けたタイガースですが、ここにきて少し逞しさを身につけているような気も
しています。

それが思い違いでない事を信じ、また遠くから我々を支援していただいている
方々へ、「成果」をご報告することを誓ってグラウンドに向かいます。

会場は都内中心に立地し、アクセスも抜群です。(目白駅徒歩1分)
連休でご都合もおありかとは存じますが、ぜひ観戦にお越し下さい。

10/11(日)11:00キックオフ
VS拓殖大学@学習院大学目白グラウンド

復路車内でコーチが選ぶMVP(城西大学戦)

更新日: 平成21年09月30日(水曜日)  編集者: 管理者
先週土曜日の9/26、奇しくも昨年と全く同じ日に開幕を迎えたタイガースは
内容に多くの課題を残したものの、何とか勝利を得ることが出来ました。

始まってしまうとあっという間に時間は過ぎてしまいます。これから2ヶ月半、
負けることの出来ない戦いが続きますが、引き続き応援宜しくお願いします。

さて、開幕に合わせて、新しい試みを計画しておりました。

題して、「復路車内でコーチ陣が選ぶ、この試合のMVP(仮題・監督非公認)」!

関東大学連盟に所属するタイガースは公式戦の全てが遠征となります。
選手達は前日バスで関東入りし、1泊して試合に臨みますが、コーチ陣は大抵
誰かの車に相乗りし日帰りで往復しています。
北関東の大学グラウンドであればまだそれほどではありませんが、神奈川ですとか
千葉となりますともはやちょっとした旅行です。
勝った試合はともかく負けた試合の復路の疲れることといったら筆舌尽くしがたく、
疲労と重苦しい空気に押しつぶされそうになります。
本当に同乗者で何万回と溜息ついているんですよ。

アメリカンフットボールでは通常、試合のビデオを録画し、綿密な反省を行って
次に活かすという作業があるのですが、コーチ車の復路車内ではもっと直感的で
現場の温度がダイレクトに反映される喧々諤々の反省会が行われています。

「あいつのあのプレイが大きかった」「あの野郎、あんなふざけたプレイ
しやがって」・・・中にはとてもお伝えできない過激な内容もありますが、
そんな話をとりまとめて、各試合でMVPを発表してみよう、というものです。

監督非公認、というのがまたミソでして、今回の車内でこの企画についてお話
してみたところ、「お前らも好きだねえ、俺は知らねえよ、勝手にやってくれ」と
微笑をたたえながら仰ったので、若手?コーチ陣が勝手にGOサインだと判断した
次第であります。


前置きが長くなりましたが、栄えある初回の受賞者は・・・・・・

残念ながら該当者なしです。

初回からこんなグダグダで恐縮ですが、前述の通り、勝利はしたもののあまりに
課題が多く、とてもMVPに値するプレイが出来た選手はいませんでした。

ただし初回がそれでは面白くないので、次点ということでオフェンスディフェンス
それぞれMIPを選出しました。

オフェンス 
TB#5池田(4年)
選出理由:70ヤード以上のロングランTDを含め3本のTDランで勝利に貢献

ディフェンス 
CB#13黒澤(3年)
選出理由:ランプレイでのロスタックル、4THダウンでパスカット(本人は
取る気満々でしたが・・・)など本職のディフェンスでの活躍のほかキッキング
でも存在感を発揮


次節こそ、チームを勝利に導くMVP、正しく価値のあるプレイヤーが
出てくることを期待します。




 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total239720 7days908 Yesterday133 Today092 1count/day on each IP Since 2013-03-11