惨敗

更新日: 平成21年10月25日(日曜日)  編集者: 管理者
創価大学戦は27-51で敗れました。

「点差ほどの差はなかった」「勝機はあった」せめてこんな強がりだけでも
言いたいのですが、とてもそんな言葉が出ない惨敗です。

悔しいですし、腹立たしいですが、残念ながらタイガースの各選手より
相手の「一歩でも前進する」「絶対勝つ」という気持ちが上回りました。
気持ちで負けていたって一番受け入れ難い屈辱ですが・・・

憤懣やる方なし、とはこの事ですね。

3RDダウン、4THダウンの勝負弱さが尋常じゃありません。
(特にディフェンス。私担当のため、ショックが隠しきれません・・・)

下を向いても仕方ありませんが、「切り替える」程度の軽い気持ちでは
何も変わらない事を心に刻んでおかねばなりません。

覚悟決められるか否か。


聞きかじりですが、先日あるところでこんな言葉を聞きました。

「過去と他人は変えられない。変えられるのは自分と未来だけ」

まさに今、タイガースに求められる姿勢だと思います。

チームの、選手の、スタッフの真価が問われる時。

逆境はハートの筋肉を強くします。


『はいあがろう。「負けたことがある」というのが、いつか大きな財産になる。』
漫画スラムダンクで山王の監督が言っていました。

負けたことをプラスのエネルギーに変えるというのは相当な作業だと思います。
ましてやプラスの結果に繋げるとなると、口先だけの自己満足では到底
成し得ません。

やはり覚悟が必要です。


すみません。
怒り、悔しさ、落胆、失望、その他様々なネガティブ思考に支配されており
まだ冷静になれません。
脈絡のない話になってしまったかもしれませんがお許し下さい。

明日は創価大学戦です!

更新日: 平成21年10月23日(金曜日)  編集者: 管理者
新潟はかなり冷え込む日も増えてきましたが
皆さんのお住まいの土地はいかがでしょうか?

私は、この「ちょっと寒くなってきたな」という感覚が
結構好きです。暑がりで汗を拭き拭きしなくてよくなるという
のもあるのですが、いよいよフットボールシーズンも
佳境に入ってきたな、と感じられるからです。


Xリーグや東西大学1部でも上位同士の対戦が始まりつつ
ありますが、我らがタイガースも、明日土曜日に創価大学
と(現時点での)全勝対決を迎えます。

関東3部は各ブロック原則6チームと、上位ディビジョンに
比べると少ないチーム数で構成されておりますので、
一つでも星を落とすと、優勝戦線から大きく遠ざかってしまいます。


(とはいえ、偶然の産物、組み合わせのバランスで、いわゆる
「死のブロック」が発生する事も間々あり、事実過去3年は
リーグ戦で1敗しながらも優勝しているチームが必ずありますが。)


タイガースが所属する関東3部Aブロックは第二節終了時点の
結果ならびにその戦いぶりを見ても、まだ4校に優勝の可能性が
十分残る混戦ブロックです。


まあ、下手な星勘定していてもしょうがありませんし、当初から
チームで言ってきたように、トーナメントのつもりで目の前の試合を
一戦必勝で臨むしかありません。


10/24(土)13:45キックオフ
場所は関東大学アメフトのメッカ、アミノバイタルフィールドです。


明日のアミノは朝から晩まで、我々のブロックの試合をやっています。
試合観戦はもちろん、一緒にスカウティングもいかがですか!


拓殖大学戦レポート

更新日: 平成21年10月14日(水曜日)  編集者: 管理者
10/11 VS拓殖大学@学習院大学目白グラウンド

1Q:
コイントスに勝った拓殖がリターンを選択、新潟のキックオフで試合開始。
両チームともに、オプションをベースとしたラン主体のオフェンスを得意
としており、ランニングゲームをいかに支配するかが勝敗の鍵を握る。
拓殖はスイープ、リードオプション、新潟はFB#25鎌田(4年)のダイブや
TB#5池田(4年)のパワーやスイープ、WR#86吉川(3年)への短い
パス等で攻めるものの、大きなゲインを奪えずお互い2度ずつパントを蹴り合う。
続くシリーズの拓殖オフェンスが繰り出す多彩なオプションに対し、新潟が
攻撃的なディフェンスサインで追い詰めながらもタックルミスを繰り返し、
新潟自陣30ヤード付近まで攻め込まれる。  (0-0)


2Q:
自陣まで攻め込まれた新潟ディフェンスは、4ダウン3ヤードギャンブルを
止め切れずにFDを奪われると、レッドゾーン内のディフェンスでも集中力を
欠き、5プレイ(うちオプション3プレイ)でTDを許してしまう。
(TFP成功し、0-7)

それまで一度のダウン更新もままならない新潟オフェンス、続く攻撃では
FB鎌田のインサイドラン、TB池田のスイープ、WR吉川の連続パスキャッチ等
で敵陣20ヤード付近まで攻め込むが、スイープ一辺倒になった単調な攻めを
読まれ、最後はギャンブルを阻止されてしまう。
オフェンスの低調がチームに影を落としそうになるが、続く新潟ディフェンスでは、
DLのプレッシャーを受けて拓殖QBのパスが乱れたところをSF#19治田(3年)
が貴重なインターセプト、お互いディフェンスの健闘で前半を終了する。(0-7)


3Q:
早く追いつきたい新潟は、後半開始のキックオフリターンでTB/CB池田が
敵陣30ヤード付近までビッグリターンを見せると、QB#7青木(2年)のキープ、
スパーサブTB#20森林(1年)のパワーやオープンランで二つのFDを獲得し、
ゴール前5ヤードに迫る。
1ダウン5ヤードのプレーはTB池田のスイープで、オープンを駆け上がり悠々TD、
と思いきや、まさかのミスホイッスルで幻に。
気を取り直しての1ダウン2、TB池田が今度こそはとオプションピッチを持ち込んで
TD。K#59上村のキックも決まり、同点に追いつく。(7-7)

続く拓殖のリターンではビッグリターンを献上し、自陣30ヤードを背負う羽目に
なった新潟ディフェンス、拓殖のキープレイであるオプション、特にQBキープに
要所でゲインを奪われ、全てランで10プレイ、TDドライブを許してしまう。
しかし、TFPのキックが外れ、1TDで逆転圏内、俄然勝負がヒートアップする。
(7-13)

続く新潟オフェンスは自陣40ヤード付近から開始、3プレイ目にWR吉川が
プレイアクションパスを競り勝ってキャッチし、敵陣レッドゾーンまで攻め込む
ビッグプレイ。オプションやTE#81小林(4年・主将)のプレイアクションパス
好捕などで、エンドゾーン目前まで攻める。


4Q:
FB鎌田のダイブ2本で、4Q開始早々にTDをもぎ取った新潟、K上村のTFPも
決まり、ついにこの試合初めてリードを奪う。  (14-13)

逆転によって明らかなモメンタムの傾きを感じる新潟、キッキング、ディフェンスにも
集中力と勢いが生まれ、効果的なゲインを許さない。
自陣30ヤードから攻撃を再開した新潟オフェンスは、TB森林とFB鎌田のランのみ
9プレイで敵陣9ヤードまで攻め込むと、最後はFB/SF#19治田(3年)がOLの
ブロックに守られながら残った9ヤード丸々走りきって貴重な追加点TDを上げる。
前節TFP外しまくったK上村はこの日は全て成功。(21-13)

8点差に油断が生じたのか、拓殖リターンに再度自陣までのビッグリターンを
許し、改めて緊張感が高まる。
ワンバックからのパスも交えてキャッチアップを図る拓殖オフェンスにじりじり
侵攻される新潟、残り2分を切ってのギャンブルも決められ、1ダウンtoゴール
残り10ヤード。
リードオプションとトラップで残り3ヤードまで進まれるものの、最後の2回のパスを
封じ、事なきを得る。FB鎌田のダイブ2本で残り時間を消費し、タイムアップとなった。
(21-13)

 
:star1.0: トップページ  :star1.0: 試合日程  :star1.0: 試合結果  :star1.0: マネジャーブログ  :star1.0: プレイヤーズ ボイス 
:star1.0: コーチズアイ  :star1.0: 卒業生へ 
:arwright: 2016年 :arwright: 2015年 :arwright: 2014年 :arwright: 2013年 :arwright: 2012年 :arwright: 2011年 :arwright: 2010年 :arwright: 2009年 :arwright: それ以前
Total240511 7days1125 Yesterday191 Today194 1count/day on each IP Since 2013-03-11